金欠時の地道な乗り越え方

私は都内に住む大学生です。地方生まれの地方育ちで、大学生になってようやく憧れだった東京にひとりで上京してきました。うまれてはじめての一人暮らしと、うまれてはじめての都会での暮らしに胸を膨らませて春をむかえました。

しかし、現実は楽しいことばかりの甘い生活とはほどとおいもので、出費が多く、常にギリギリの金銭面で厳しい毎日を過ごしておりました。

節約は苦しく、我慢が多いと思いました。せっかく地方にはないようなオシャレなカフェやお洋服屋さんであふれている都会にいるというのに、それらを全て我慢し生活をしなければなりませんでした。そんな楽しくない我慢だらけの生活に嫌気がさし、どうにかこれを楽しめないか、と考えるようになりました。
そこで私が行った地道な節約方法を述べたいと思います。
それは、交通費をいかに抑えられないか、というものです。私は大学生になって最初の新歓シーズンで毎日のように飲み会に参加していたせいで、体重がみるみるうちに増えていき、10キロほど太ってしまいました。そこでなにか良いダイエットはないか調べたところ、運動は苦手だし、ランニングは絶対に続かないと思いましたが、ウォーキングなら続くのでは、と考えました。わざわざウォーキングに何時間も時間を割くほど学生は暇ではありません。そこで私は交通費を節約すべく、電車を極力使わず、ひたすら歩くという方法でほとんど交通費をかけない生活にしました。グーグルマップで徒歩ならば何時間何分で目的地に着くか調べてひたすら歩く。最初こそすぐに疲れてしまいましたが、なれるとどんどん楽しくなり、街の様子を楽しみながら毎日歩いていました。すると、交通費は案外ばかにならないもので、生活がかなり楽になりました。方向感覚も良くなり、なんと増え続けていた体重がごっそり減り、ついでにダイエットにも成功したのです。
このようにただ節約をするよりも何か他に特典があると楽しく乗り越えられると思います。

節約とダイエットが成功したことにより自分にも自信を持つことができるようになりました。そこでずっと気になっていた歯の黄ばみを消したくて美容外科に行きました。節約できたお金で♪♪

美容外科もたくさんあるのですが、やはり安心安全で信頼のできる美容外科(http://xn--w8j8byfx80l2vjyzd3w3eyujs39c.com/)が良いと思っていろいろと調べて湘南美容外科っていうところに行って綺麗にしてもらいましたよ(*´▽`*)

やはり消費者金融は怖い

以前、会社の同僚がある消費者金融の無人店舗から出てくるところを見かけてびっくりしたことがありました。

彼は勤務態度もまじめで、家族と同居している自宅から通勤していたので、消費者金融でお金を借りる理由が見つからなかったのです。

そんなわけで、何か緊急でお金が必要なのか心配になり「どうしてこんなところでお金を借りているのか」と尋ねました。
すると彼は悪びれる様子もなく「給料日前で小遣いがなくなってきたので借りただけで、給料日になったら返せるから大丈夫」と言うのです。

それでも私は「でも利子とか高いんじゃないの」と尋ねると、「短期間なら付かないから大丈夫、いつも使っているから」と平気な顔で答えました。

銀行のATMで自分の口座から自分のお金を引き出すかのようにまったく罪悪感がないというか、
当たり前のことのように平気な様子でいることに私の方が怖くなりました。

私は、消費者金融がお金の工面に苦労している立場の弱い人に高金利でお金を貸して借金地獄に引きずり込む恐ろしいものだと思っています。

昔の貸金からサラ金そして消費者金融と名前は変わっても実態は変わらないですし、。
人気のある芸能人やタレントを使った華やかなコマーシャルを流して、今は銀行の系列会社だし計画的に利用すれば大丈夫だと謳っていますが、甘い言葉に誘われて利用しようとは思いません。

私の同僚は幸い借金で苦労している様子はありませんが、消費者金融は見た目のイメージが良くなり誰でも簡単にしかも安心に利用できるかのように近づいてきて何も知らない善良な人々を破滅に導くように思えてなりません。